ブラックリスト確定!カードの支払いを滞納する危険性

ブラックリスト確定!カードの支払いを滞納する危険性

リボルビング払いや分割払いなど、様々な支払い方法が用意されているクレジットカードでも、時には支払いが滞ることもあるでしょう。

もし、クレジットカードの料金を未払いしなくてはいけなくなると、どんな状況に陥るのでしょうか?

今後未払いを防ぐためにも、どうなる?という点について知っておくことは非常に大切なのです。

ブラックリストになる理由はクレジットカードは未払い

クレジット払いは債権者と債務者の信頼によって成り立っている支払い方法なので、仮に1日でも支払いが遅れると利用できなくなる可能性があります。

大抵のクレジットカードは、引き落とし日に残高が不足しているとカードがストップしてしまい、遅延損害金が発生します。

支払いを完了するまで当然カードは使用できなくなるため、基本的には支払いを滞り無く終えることが大切になります。

また、支払いが間に合わない場合はおおよそ1ヶ月を目処に考えてみるとよいでしょう。

未払いのまま1ヶ月が経過すると、信用情報機関に登録され今後クレジットカードが利用できなくなります。

利用停止になったクレジットカードを捨てて、新しいクレジットカードに申し込めばよいのでは、と思われるかもしれませんがこの方法も通用しません。

信用情報機関に登録された情報は金融機関ならチェックできますし、他企業で滞納した情報も筒抜けになります。

ある意味、クレジットカードに申し込めなくなるというのが最大のデメリットでしょう。

クレジットカードのみならず、ローンへの申込みも審査に通過できなくなり、生活に支障をきたしてしまいます。

踏み倒している場合はブラックリスト待ったなし

残高が不足し引き落としされなかった場合、数日以内に電話がかかってきます。

この段階で支払いができるのであれば、問題ありません。

入金が確認されるまでしばらくクレジットカードは使用できないかもしれませんが、入金が確認され次第またカードを利用できるようになるでしょう。

電話がかかってきても滞納を続けている場合、今度は振込用紙を兼ねたハガキが郵送されます。

もし支払える場合は、振込用紙からでも良いので未払い分を返済しましょう。

1ヶ月以内の支払いなら遅延損害金も大きな金額にはならないので、ダメージは少なくなります。

返済額が手に負えなくなると、一切を無視して借金を踏み倒してしまっている方もいるかもしれませんが、これは悪手です。

踏み倒したままいるとどうなる?という問に関しては、裁判に発展したり差し押さえが発生する可能性があるのです。

差し押さえは給与も対象となるため、自動的に差し押さえされた分給与から差し引かれてしまいます。

督促を無視し続けると支払督促申立書が届きますが、これすらも無視していると強制的に差し押さえができる状況に陥ってしまうのです。

ドラマのように無理な債権回収が行われることはありませんが、じわじわと苦しい状況に追い込まれることは確かです。

ブラックリストに登録される影響

ブラックリストに登録される一番のデメリットは、今後複数年に渡って延滞をした情報が残り、また影響し続けることです。

信用情報機関に登録された情報は5年から10年残り続けるため、かなりの年月を不便なまま過ごすことになります。

また、登録期間が経過するのは未払い分を返済してからです。

つまり、延滞金が残り続けている限りブラックリストに延々と残り続けることになり、クレジットカードやローンの審査に通ることが夢のまた夢になってしまうのです。

ローンは住宅ローンに車ローンなど、様々な人生設計に影響を与えます。

今後長くて10年間それらローンが使えないとなると、人生全体に支障をきたしかねません。

また、返済に困っている方は当然普段のお金にも困っていることになります。

しかし、ブラックリストに登録されることで新しく借り入れができなくなってしまい、より生活が困窮する恐れがあるのです。

負の連鎖が止まらなくなりかねないため、普段から無理な借り入れを避けることが大切です。

普段家賃をクレジットカードで支払っている場合、住居の問題も発生します。

トラブルの原因となることは避けられず、生活全般に渡って影響を及ぼすことは間違いありません。

ブラックリストになったらまずは相談を

理想は未払金が発生しても即座に支払うことですが、なかなかそう上手くはいきません。

債務整理も視野に入れることになるでしょう。

債務整理はネガティブなイメージが強いかもしれませんが、再起を図るという意味では心強い存在です。

自分一人ではどうしようもなくなったら、弁護士事務所に相談するなどして解決策を探りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です