信用情報機関に長期延滞の記録残る!絶対に避けたい事態

信用情報機関に長期延滞の記録残る!絶対に避けたい事態

クレジットカード会社への返済を踏み倒すことになれば、その後の人生において不利な状況となることは免れません。

住宅ローンやマイカーローンなどを組むことはもとより、就職活動や家族へのネガティブな影響にもつながります。

さらに返済を怠ることにより、各債権者が登録する信用情報機関に情報が残るため、悪影響が生じます。詳細について見てみましょう。

返済するのが当たり前

クレジットカード会社からの借入金を重ねたあげくに、返済をしないで放置してしまうという人も少なくありません。

むろん、そのような行為が歓迎されないことは容易に理解できます。では一体、クレジットカード会社からの借入金を踏み倒してしまった人はどのようになるのかという点も気になるところではないでしょうか。

あくまでも、クレジットカード会社の立場から見て利用者は「サービス提供をした顧客」です。

いってみれば、お客様になるわけです。

例えそれが、使ったクレジットカードの代金も支払わない利用者であったとしても、懇切丁寧な対応をしなければなりません。

通常の場合、クレジットカードの利用をすることで、契約に則った形での返済が求められます。

基本的には、毎月決められた日に銀行口座から引き落としされるのが一般的といえるでしょう。

大多数のクレジットカード利用者が問題なく返済日にきっちりと返済をしますが、一部の顧客が返済をしないというのも現実です。

返済日に返済が確認できなければ、当然ながらクレジットカード会社からの督促を受けることになります。

電話やメール、通知などで督促をしますが、あまりにも連絡がとれなければ、自宅への集金や勤務先、実家への連絡などを通して返済を迫ることになります。

決して軽視できない!信用情報機関の情報

それぞれのクレジットカード会社の方針によっても異なりますが、支払いをしない利用者に対してはある程度の費用や時間を投じて、回収に向けての取り組みを行います。

しかしながら、一定の段階をもって償却処理などをするのが現実といえるのではないでしょうか。

クレジットカード会社にとっても、督促や回収のためにかける費用は大きな痛手となります。

そのため、一定の期間を過ぎた債権については必要以上に追いかけないというのが実態です。

延滞している利用者にしてみれば、「クレジットカード会社が諦めてくれた」と楽観的に思うかもしれません。

しかしながら、それは大きな間違いです。クレジットカード会社からの借入金は消滅するなどということは決してありません。

長期延滞をすれば、その事実は確実に信用情報機関に登録されます。

信用情報機関とはCICやJICCなどのことであり、消費者金融業者やクレジットカード会社などが加盟することで知られます。

記録残ることで、少なからずその後の人生には影響を与えることになるでしょう。

万一、クレジットカード会社からの支払いを踏み倒すことになれば、住宅ローンやマイカーローンなどを組むなどの際はもとより、就職活動にも影響しないとも言い切れません。

場合によっては本人のみならず、家族の生活にも影響を与えることにもなってしまいます。

債務整理で解決も

「信用情報機関の長期延滞の記録はどの位残るの?」という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

結論からいえば、完済をしない限りは消えません。

このようなこともあり、弁護士や司法書士などに相談をして債務整理をする人も大勢います。

債務整理の中には、自己破産や任意整理、民事再生手続きなどがあり、長期延滞者や支払い困難者の救済措置ということができます。

長期間にわたり、クレジットカード会社への返済から逃げていたような人でも、債務整理をすることで、解決に向けての道筋が立てられることになるでしょう。

自己破産や任意整理をした結果、完済になれば信用情報機関の記録も消えることになります。

一概にいうことはできませんが、任意整理の場合では完済してから5年ほどで長期延滞の記録が消滅するとされており、自己破産では10年程度となっています。

いずれにしても、長期間にわたって長期延滞という不名誉な記録が残ることには変わりありません。

このような事態を避けるためにも、身の丈に合った生活をすることが大切です。

クレジットカードの利用は計画的に

クレジットカード会社への返済を無視して逃げ回ることになれば、結果として大きな代償を受けることになります。

後から後から発覚する悪影響に後悔の念を抱くことになるでしょう。

信用情報機関の登録は、債務整理をして解決したとしても、概ね5年から10年の間は残るとされます。

このような事態を回避するためにも無計画なクレジットカードの利用は避けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です