支払滞納が厳禁な理由!強制執行で財産差し押さえの危機

支払滞納が厳禁な理由!強制執行で財産差し押さえの危機

クレジットカードの支払滞納をするとさまざまなペナルティを受けることになります。

その一つにカードを作れなくなることがありますが、どのくらいの期間にわたって延滞すると問題があるのでしょうか。

ここでは支払滞納をすることのデメリットやリスクについて紹介していきます。

滞納が長期化すると会社や家族にも影響を与えてしまうので、早期の滞納解消を目指してください。

クレジットカードの支払滞納によるデメリットは数多くあります

クレジットカードの支払滞納をすることは、ローン滞納と同じようなペナルティを受けます。

厳しい取り立てを受けることになりますし、カードの使用ができなくなります。

カードの利用限度枠の満額まで使っていないのに、なぜかカード決済ができない場合は、支払滞納が原因であることが多いです。

カードの機能を止められるとカード決済ができなくなりますが、支払義務はそのまま残ります。

滞納が長期化すると個人信用情報機関に登録されて、5年間程度は新しいカードを作れなくなるので注意してください。

たった1日の滞納なら問題ないと思うかもしれませんが、一度の滞納によって大きく信頼を失墜させるので危険です。

カード会社の中には、引き落とし日の翌日にはカードを使えなくする会社もあります。

滞納する事で信用情報が低下してしまう

クレジットカードの滞納ペナルティはなんとなくローンより甘いと考えている人が多いですが、ローンとまったく変わりありません。

特に注意したいのは分割・リボ払いを利用している人で、滞納すると遅延損害金という通常より高い金利がつくことになります。

支払滞納が長期化するほど総支払額は増えていきますし、信用力もどんどん低下していくのです。

カードの支払滞納が2ヶ月間継続したり、カード会社から一方的に強制解約させられたりした場合は、個人信用情報機関に最長で5年間登録されます。

強制解約になるまでの期間はカード会社によって1~3ヶ月程度と差がありますが、たとえ1ヶ月未満で入金をしても、すでに信用力は低下しています。

健全にカードを利用していれば、将来的に利用枠を増額してもらえる可能性がありますが、何度も滞納が続いていると増額は難しいですし、逆に利用枠を減額されるケースもあります。

信用情報に登録された場合は、他社のカードに申し込んでも審査に通過できません。

信用情報に傷がつくとローンを組む事が出来なくなる

さらにローンの利用も不可となり、審査のハードルが比較的低いと言われる消費者金融のキャッシングやカードローンも一切利用できなくなります

契約において信用力を必要とする金融商品の類は、すべて利用できないわけです。

滞納が長期化すると最終的にカード会社から一括支払いを要求されたり、裁判を起こされたりします。

一般的に3ヶ月以上の滞納をすると訴訟になる可能性が高いと言われていますが、滞納金額も関係してきます。

数十万円の滞納になると訴訟リスクが高くなりますが、数万円といった少額でも訴訟される可能性はあるので注意してください。

最終的にカード会社の裁量によって決定するため、カードの利用者が詳細を知ることはできません。

数万円を1ヶ月間滞納しただけでも、一括支払いの話が出てくるケースはあります。

カードの支払い料金を踏み倒すのは簡単にはいかない

カードの支払いを踏み倒すことは容易ではなく、滞納中は厳しい催促を受けるのはもちろん、最終的に強制執行により財産を差し押さえられることになります。

給料差し押さえの手続きに移行されると、会社にカードの支払いをしていないことが確実にバレます。

家族と生活をしている状態なら、会社より先に家族にバレるでしょう。

取り立て・強制執行からうまく逃げることは難しく、これは引越ししても住所がバレるためです。

住民票を移動する必要がありますので、引越し記録を知られてしまいます。

運よく逃げることができても、カードの類は一切使用できなくなりますし、何より債権者に見つかる可能性があるので安心して生活することはできないでしょう。

カードの支払いの踏み倒しによって警察に逮捕されることはありませんが、支払いする意思がない状態で契約をして踏み倒しした場合は詐欺罪に問われる可能性があるので注意してください。

カードを踏み倒すデメリットは計り知れないので、自力での支払いが困難になったら債務整理を検討するのが得策です。

支払滞納でカードが作れなくなるし利用中のカードも止められる

クレジットカードの支払滞納をすると、厳しい催促を受けますし、個人信用情報機関にも登録されます。

新しいカードを作れなくなるのはもちろん、現在利用中のカードも使用できなくなります。

滞納が長期化すると給料差し押さえ、強制執行などの話が出てくるので注意してください。

高額を長期滞納すると訴訟になるリスクが高いですが、カード会社によっては少額・短期滞納であっても訴訟してくるケースがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です